診療時間

スタッフブログ

四十肩、五十肩について(ゼロスポ鍼灸・整骨院 喜多見)

四十肩、五十肩について(ゼロスポ鍼灸・整骨院 喜多見)

みなさんこんにちは。

ゼロスポ鍼灸・整骨院 喜多見です。

今回は、四十肩、五十肩についてお話ししていきます。

みなさんは四十肩、五十肩と言われてどのような状態をイメージしますか?

・肩が痛くて腕が上がらない。

・夜間痛があって夜眠れない。

・着替えが困難。

・リュックを背負えない。

などなど様々な状態が思い浮かぶと思います。

では、そもそもなぜ四十肩、五十肩という名前なのかというと、それは好発年齢です。

元々先にできたのは五十肩で50代の方に好発していたのですが、近年は40代に好発するようになったので、このような名前がついたと言われています。

四十肩、五十肩は一度なってしまうと、治すのにかなりの時間がかかってしまいます。

関節を構成している軟部組織(靭帯や関節包、筋肉など)が固まってしまい、痛みを発症します。

固まってしまうと、痛みはもちろん、可動域制限や、筋力発揮にも影響を及ぼしてしまいます。

可動域に関しては特に後ろに手を動かす、いわゆる結滞、結髪動作が非常に困難になります。

ブラジャーのホックを止める動作や、髪を結ぶ動作のことですね。

痛みを伴うため動かすことが億劫になり、安静にする方も多いですが、実は可能な限り動かしてあげた方が、治りが早いケースが多いです。

理由として一番は血流が考えられます。

血流が滞ってしまうと、発痛物質が出てきてしまいます。それが痛みの原因になることが多いため、動かした方がいいケーズもあるのです。

夜間痛のメカニズムも同じように血流が滞ることによるものが多いです。

当院では、まず固くなってしまった軟部組織を緩めていくため、手技治療、電気治療、鍼灸治療などを用いていきます。

痛みが引いてきて、可動域が確保できるようになったら、次は軟部組織が再び固くならないように原因部分の治療を始めていきます。

原因としては、姿勢不良によるストレス過多や筋力低下などが考えられるので、矯正や電気治療を用いて対応していきます。

痛みをとるのはもちろんですが、今後痛みを出さない、不調を出さない体づくりをゴールに置いています。

不調に悩まない体づくりを一緒にしていきましょう。

 

交通事故治療も対応しております。

詳しくは店舗までご確認ください。

各種SNSやっております。

ご登録よろしくお願い致します(^_^)

【ゼロスポ鍼灸整骨院 喜多見】

LINEhttps://lin.ee/CNFPnOQ

Googlehttps://g.page/zerospokitami?share

小田急線喜多見駅から徒歩1

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 喜多見
  • LINE

診療時間

住所
〒157-0067
東京都世田谷区喜多見9-2-35
アクセス
小田原線「喜多見駅」徒歩0分