診療時間

スタッフブログ

東洋医学とは?(世田谷区 ゼロスポ鍼灸整骨院喜多見 狛江 成城)

東洋医学とは?(世田谷区 ゼロスポ鍼灸整骨院喜多見 狛江 成城)

皆さんこんにちは!!

世田谷区 ゼロスポ鍼灸整骨院 喜多見です!!!

前回は“自律神経”についてお話しましたが、今回は『東洋医学』『鍼灸治療』についてお話していこうと思います。

当院は自律神経の乱れによって引き起こされる火照りのぼせめまい頭痛などの“不定愁訴”に対して東洋医学の考えに基づいた鍼灸治療を提案させて頂いておりますが、

「そもそも東洋医学ってどういったものなのか分からない」 

「鍼灸治療って痛くないの?」

「自分の身体に鍼を刺すなんて、正直怖い!」

などとお考えの方も少なくないのではないでしょうか?

まず、東洋医学とは…

元々は中国発祥の伝統医学であり、それが朝鮮半島や日本へ伝わり漢方医学や鍼灸医学として発展してきた医学のことを言います。

自己免疫力を高める事により症状や体質を改善出来る為、根本治療を行うことが可能となっております。

その為、新型コロナウイルスの流行によりライフスタイルが大きく変化し、今後もその変化を継続していくであろう現代を生きる人々に適した医学といえるでしょう。近年は病気の治療だけでなくスポーツや美容など幅広い分野で注目され重宝されている医学です。

基本的には自然のあらゆるものをその特徴毎に分類し、関係性に基づいて状態を把握していきます。

“バランスが崩れた時、不調が生まれる”と考える為、一部ではなく全体をみて関係性を洗い出し根本の原因を究明していくのです。

 

東洋医学のポイント① 陰陽

二つの要素のバランスを最も端的なイメージである 影/夜光/昼 からとって 陰陽 という概念でみていきます。

陰と陽は常に相対する概念として捉え、その分類は例として以下の通りです。

 陽  上ー下  陰

    熱ー寒  

    胃ー脾

   小腸ー心

   大腸ー肺

   膀胱ー腎

    気ー血

これらは互いに対立・抑制しながらバランスを保っており、これにより活動や衰退ができると考えられています。

 

東洋医学のポイント➁ 気・血

とは生命を維持する為に必要な目には見えないエネルギーのようなものです。気は全身を巡り全ての生命活動の原動力となります。

とは生命を維持する為に必要な身体の燃料や栄養になるものです。気の作用により血管の中を循環することにより全身の組織を滋養します。

気虚とは気の量や働きが不足している事で、めまいや消化不良、風邪を引きやすい状態に陥ります。

血虚とは体内の血液が不足している事で、めまいや動悸、不眠になり、顔色が蒼白い状態もみられます。

これらの流れを良くすることにより身体のバランスを整える事が出来ます。

 

東洋医学のポイント③ 津液

津液とは人の身体を潤す正常な水液(涙・唾液・胃液など)の事を言います。

しかし”体内の水分”というわけではなく、”栄養や気を含む澄んだ潤い”のようなイメージのもので気や血と同じ様に生命を維持する為に必要なとても大切な要素になります。

津液は多すぎても少なすぎても身体に悪影響を及ぼします。

多すぎる場合…身体の重だるさ、浮腫、下痢など

少なすぎる場合…口やのどの渇き、皮膚や髪の乾燥、乾燥便や尿量の減少などの症状が現れます。

そのため、バランスがとても大切になります。

鍼灸治療について

 

鍼治療では髪の毛くらいの細さのステンレス製の鍼を使用します。

なので、”痛い”というイメージが強い方も多いと思いますが、痛みはほとんどありません。

しかし、鍼特有のズンと重く響くような感覚はございます。

お灸の治療では”もぐさ”と呼ばれるヨモギの葉を乾燥させて葉の裏側の部分だけを集めたものを使用します。

もぐさにはチネオールという成分が含まれております。この成分がお灸をした際に出る香りの元になります。

このチネオールはローリエやローズマリーなどにも含まれており、すっきりとした香りを放つため、リラックス効果も絶大です。

梅雨の時期に入り、自律神経も乱れやすくなるのでこの機会に1度試してみてはいかがでしょうか?

ゼロスポ鍼灸整骨院 喜多見 (成城 喜多見 狛江 世田谷区)

ゼロスポ整体院 喜多見

 

お問い合わせ

  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 喜多見
  • LINE

診療時間

住所
〒157-0067
東京都世田谷区喜多見9-2-35
アクセス
小田原線「喜多見駅」徒歩0分